肌質に合わせてケア

乾燥肌の人

乾燥肌の人は肌表面のバリアが弱まっているため、空気中に浮遊しているあらゆる菌や汚れが肌に付着すると肌トラブルを引き起こしやすいです。
皮脂分泌が普通の人に比べて少ないので、乾燥肌の人は常に保湿を必要としているのです。
ニキビ改善をするためには肌表面だけに保湿維持するだけではなく、肌の奥まで保湿が浸透するものを選ぶことで肌全体に水分を行き渡らせることができます。
乾燥肌はニキビ改善をしても肌質が強くないため、またすぐにニキビが発生してしまいます。
保湿を多く含んだスキンケア用品を使用すると良いですが、セラミドなど肌質を強くする化粧水を使うとニキビ改善に効果的なのです。

脂性肌の人

敏感肌の真逆で脂性肌の人は洗顔をしてもすぐに皮脂が肌全体に表れるのが特徴です。
こうしたオイリー肌はニキビ改善のための保湿が必要ないと勘違いしやすいですが、肌全体に皮脂の膜を張るということは肌の中にある保湿を維持するために機能しているのです。
肌の水分蒸発を防ぐために膜を張っているため、脂性肌の人は肌の水分が足りないということが考えられます。
角質層が乾燥してしまうことで脂性肌になってしまうので、敏感肌と同じく保湿を意識したスキンケアが必要になります。
ただ脂性肌の人は余分な皮脂まで発生してしまうため、洗顔のときには余分な皮脂だけを取り除くと効果的です。
脂が多いからと何回も洗顔をしてしまうと肌に必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。

角質層の水分

このような敏感肌や脂性肌の人は肌の角質層が原因で肌質が悪化してしまうことがあります。
角質層にある皮脂膜の分泌が弱ければ敏感肌、皮脂膜分泌が多ければ脂性肌になります。
どの肌質も角質層の乾燥が原因で起こるので、スキンケア方法は基本的に保湿力を高めることが大切なのです。

肌質の違い

また肌質には敏感肌や脂性肌だけに限らず、脂性肌と乾燥肌が同時に起こる混合肌の人や、アトピー肌の人もいます。
これらの肌質は日常生活の乱れやストレス、季節による寒暖差によって引き起こされることが多いです。
一つ一つの肌質を把握することができれば、自分の肌質が変わったとしても適切なニキビ改善をすることができるはずです。
肌質によってその人に表れる症状は様々ですが、基本的に肌を健康的なものにするためには保湿をすることが肝心です。
肌質悪化した人は肌への保湿が足りないと考えて、スキンケア用品で保湿をしていくと少しずつケアをすることができます。